ご 挨 拶
山形県中学校体育連盟
会長 佐藤 雄一
 平素より、県中体連の諸事業にご理解とご協力を賜るとともに、運動部活動を通して体育・スポーツの振興・発展、子供たちの健全育成、各種大会運営や競技力向上など、多方面にわたりご尽力、ご支援をいただいております皆様に、心より感謝申し上げます。
 さて、昨年度は新型コロナウイルス感染症という私たちが過去に経験したことのない感染症の恐怖と闘い、これまでとは違う日常生活を過ごすこととなり、「新しい生活様式」「三密を避ける」という新たな生活スタイルに従って感染拡大防止に取り組みました。しかし、残念なことに県中総体をはじめ、東北、全国大会も中止となる事態となってしまいました。今年度になっても事態の収束には至らず、予断を許すことのできない状況にあります。このことによる社会活動への影響はもとより、学校教育全般においても不安定な影を落としており、一日も早い収束と安定した日常生活に戻ることを祈るとともに、子供たちを感染から守ることに懸命に取り組まれている皆様に心から敬意を表します。
 このような中、山形県中体連においては、昨年度開催できなかった県中総体の実施に向け、幾重にも感染症対策に努め準備を進めております。特に、健康と安全を第一に考えながらも、中学3年生の最後の活躍と努力の成果の場となることを踏まえて、大会の開催に向けて一歩一歩あゆみを進めているところです。令和3年度の県中総体(夏季大会・冬季大会)並びに県中駅伝競走大会が生徒のみなさんにとっては、一つの目標に向かって、友と過ごすかけがえのない時間や努力と練習の成果を全力で発揮する機会であること、今こそ私たちは、体育・スポーツで培ってきた強い心と団結力によって、しっかりと前を向き、様々な制限があるこの困難を乗り越え、清々しい汗と熱い思いをもって進んでまいりましょう。
 本連盟としましても、今回の新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う生徒の皆さんの健康と安全を最大限に大切にした県中総体等の大会運営を目指すとともに、なによりも県内の運動部活動を楽しみにしている中学生のために、そして、新たな視点をもって当面する運動部活動の課題や大会開催の在り方、各地区中体連との連携・協力の在り方についてもその課題解決に向けて努力してまいります。今後とも格段のご理解とご支援を賜りますよう重ねてお願い申し上げ、挨拶といたします。